あ、そうなんだの blog

思った事、気がついた事、言いたい事を書くブログです

あ、そういえば「子育て」やめてたんだ。

 

今朝、昨晩の台所の洗い物と畳まれていない洗濯物の山と

髪の毛と埃の落ちた階段を眺めながら思った。

 

あ、「子育て」やめてたんだ。

 

子供が朝に着る服がない〜と叫ぶ。

私は面倒だな〜、と思いつつ子供箪笥を見ると

一枚だけ入っていた。

 

「あるや〜ん。」

 

私の心の中は、「ああ、助かった。」とちょっとホッとする。

 

 

 子ども「朝ごはん何〜?」

 

炊いた米しかない、味噌汁も作ってない。

野菜を切るのも面倒だ。

 

ホットケーキの素があったので、久しぶりに焼いてみた。

子供の一人はバター、もう一人はハチミツ。

 

米粉ホットケーキミックス粉だから、私の中の「子供に食べさせるもの基準」を70%は満たしてる。

 

子どもは普通に学校に行った。

 

洗い物の山を見ても、気持ちは落ち着いている。

 

だって今日は私の予定が特にないもの。

 

 

時間に追い込まれる日々に

スケジュール一杯の毎日に

「こうしなきゃいけない」こと辞めてみてる

「こうした方がいい」「こうすべきだ」ということもあえてしない

 

 

 

  •  いつ頃だったかな「子育て」辞め始めたのは 

 

確か一年くらい前、まだ下の子が年長の時

 

周りの人たちの「頭の良さ」と「こうじゃなきゃオカシイよね」という

同調圧力に疲れてしまった。

 

なんとなく着ている服であったり

親として母としてこうあるべき、であったり

家には「子どものためにこういうものがあるのが当たり前」であったりと

そこで生きるための『素晴らしいルール』があった

 

その場所でのルールに必死に馴染もうとして

時にはそのルールからはみ出した人を「笑い飛ばしたり」

ルール通りにできない自分を必死で攻め立てた

 

 

  • その通りにすることが「子育て」だと思っていた

 

『素晴らしいルール』に乗っ取った子育ては

わが子・自分でさえ、実は期待さえしていないことだった。

やってほしくないことなくらい。

 

「そのルールをこなせる私って素晴らしい!」

「こんなことまでできる私、素晴らしい母親!」

 

と完璧な家事ができたとして、

マニュアル通りの完璧な子どもとの会話ができたとして

 

その時に見えてくるものが

「自分の心の感情」しかなかったら、

その世界に「相手」が居ないことになる

 

「目の前のその子とそのお母さんとの関係」ではなくて

「素晴らしいお母さん!」というその人自身の偶像の中のお母さん

 

私はそんな、『一人完結型完璧お母さん』を目指していたのだ

 

 “洗い物がたまり、洗濯物の山があり、埃と髪の毛の落ちた床”を見て

イライラしまくっていた。

だって、目指すべき「素晴らしいお母さん」からはみ出しているんだから。

 

 

  • 素晴らしいお母さん基準がする「当たり前の家事」を辞めて見てどうなったか

 

家の中は散らかったままだ

 

普通に汚い

 

誰かが手伝ってくれることもない

 

(「私が頑張るのを辞めたら、こんな風に変わりました!」な事は書けない)

 

普通に汚い

 

わかった事は

 

素晴らしいお母さん基準の「当たり前の家事」をやったつもりでいても

実は昔っから「散らかった部屋」のままだったのかもしれない。

 

 

  • 未だ「実験中」であり結論はまだまだ見えないという事

 

毎日子供は成長している

 

たまに「誰だっけ?」と思えるときもある。

 

そんな時は、私の主観で過去「こうだ!と思っていた事」と

今見て「こう変わったかなー?」と感じた事を

伝えたりしている。

 

それが子ども自身にどう届くかは、正直わからない。

 

だけどもう「子育て」辞めてたし(辞めてた事を忘れてた。) 

 今日は今日でこんな感じでいこうと思う。